黒ちびネコヴァルキリーの評価と感想

俺のおすすめ

このページでは、黒ちびネコヴァルキリーを見ていきたいと思います。

当たって嬉しい黒ちびネコヴァルキリー。でも、すぐに死んでしまいます、どうしてでしょう?

スポンサーリンク

評価と使い方

総評

ヴァルキリーの体力は、それほど高くありません。体力はレベル30換算で3万ちょっと、一般的な突撃系超激レアと大差ありません。

真田が2万ちょっとなので、後半のステージだと、変わらないレベルで即死します。

じゃあ、ヴァルキリーは使えないの?という話になりますが、そんなことはありません!

しっかり壁を作ってから出す

これをしっかり守るだけで、十二分に活躍してくれます。

覚醒ムートや真田と同じようなステータスで、移動速度も34もありかなり速いですが、そもそも使い方が違うということを理解する必要があります。

何回か波動を打ってもらわないと、活躍はできませんよね?

攻撃間隔は大体4秒ちょっとなので、最低でも20秒は壁を張れるだけの余力をもった状態で出撃させるべきでしょう。

移動速度も、前線に素早く合流するために速いのであって、速攻を仕掛けるための速さでは無いと思われます。

そこを意識するだけで、スペック通りの殲滅能力を見せることでしょう。

焦ってすぐに出さずに、戦線が安定してから出すのがポイントだぞ!

攻撃性能(Lv30時)

  • 攻撃力 24650
  • 波動Lv3 100%
  • 射程345
  • DPS 5733

攻撃力は、白ちびネコヴァルキリーの半分しかありませんが、波動が100%発生するので実質同じです。波動はかなり奥(射程732.5)まで伸びるので攻撃性能的には文句はありません。

大体5万のダメージが4秒ごとに波動で飛びますので、この点については他のキャラの追随を許さない圧倒的な個性であり性能です。

攻撃力でいうと、覚醒ネコムートが10万なので、このスピードで約半分の威力を。

大狂乱のムキあしネコは5220なので、なんと5倍の効率で殴ることができます。

ただ、射程が345と400もないので、適当に突っ込むと被弾してしまいます。

生存性能(LV30時)

  • 体力 35700
  • 射程 345

体力がそれほど多くはなく、35000しかありません。

これは、総評で書いたとおり真田と大して変わりません。重い一撃なら、一発昇天も十分考えられる数字です。

運用として、低体力でも射程があれば大丈夫なのが「にゃんこ大戦争」なのですが、射程も345しかありません。

欲を言えば、400程度あると運用にも幅のある形が見込めたのですが、この射程+移動速度が37と結構早いので、突っ込んで死んでしまうことが頻発します。

私も最初使っていた時は、結構すぐ死んでしまって「あれ、外れなのかな・・・」と落胆したものです。

しかし、しっかり黒ネコヴァルキリーを知ったうえで使えばそんなことはありません。

再生産時間が1分を切る約52秒!
なんと、生産時間が1分を切っています。
これは、通常の攻略でも2体目は平均して出るライン。難所攻略だと4体~出るラインでしょう。
にゃんこ大戦争は沢山の超激レアであふれてますが、超激レアで再生産時間が1分を切っているキャラに弱いのはいないと思います。
黒ちびヴァルも例に漏れず、良好な生産性で戦線を維持してくれます。

2体以上重なると、見た目もすごいし、高い殲滅力を見せてくれるぞ!

うまく1体目を長生きさせるのがポイントだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました